エレベーターのボタン

お客様の送迎が終わり、病院のエレベーターのボタンを押して待っていた所、隣に年配の女性がいらっしゃいました。しばらく一緒に待っていましたが、なかなか来ないので彼女がエレベーターのボタンに近づいて、押してあるかどうかを確認していました。私はもしかして押せてなかったかなと思い「ごめんなさい、押してなかったかしら?」と言いました。その方は大丈夫だよ、押してありますよと言ってくれました。私は安心して思わず出た言葉が「自分のこと疑ってたよ、一瞬」そうしたら、その方はめちゃくちゃ大笑いし出して「ごめんね、ボタン1つであなたに自分の事まで疑わせて、ごめんごめん」と謝って、続けて、「さっきまで手術して憂鬱でしたが、あなたのお陰で痛みも吹き飛んだよと」言ってくれました。こちらこそ楽しい時間ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です